国際文献社とは

国際文献社とは

  1. 多様な要望に応えられる経験豊富な業務実績
  2. 慣習見直しと財務基盤の確立をサポート
  3. 学術団体が抱える諸問題を解決し、学術研究団体の発展・学術振興を総合的にサポート
  4. 学術領域において市場価値の高いコアコンピタンスを身につけたスタッフが、諸問題に対し適切に対応
  5. 国際化対応、国際対応力にも設立時から高い力を有しています



新しい学会運営基盤の構築



研究活動の活性化

より良い循環を願う

学術振興に寄与したいという志を持つ人たちによる学術研究団体の支援。学術研究団体の支援が、大学研究者等の支援に繋がり、延いては、研究者の下で学ぶ学生の就職先の一つとして志ある若人を雇用し続けていきたい。
毎年、50名を超えるインターン実習を踏まえた、積極的な採用活動を行い、経済産業省選定「雇⽤創出企業1400社」に選定されています。

本物の国際化対応力

設立当初から英文誌の作成に力を発揮していました。現在でも、英文素読み校正のできる力を有しています。入札制度による最低価格提示業者による落札が相次いでいますが、安値受注している業者が作成したもの大部分は、著者の執筆原稿を印刷用スタイルに流し込むだけで、グローバル化が強く求められる昨今において、余りにも恥ずかしいスペルミスなどが、多く散見されます。私たちは、英文であれば素読み校正を、日本語であれば、国語力を生かした校正を行っています。
デフレ化においても「より良いものを作る」という視点を忘れず、業務に邁進しています。


株式会社国際文献社